心理カウンセリングメニュー


来談者中心療法


お越しになられたクライエントさんに合わせて、セッションの流れを決めていきます。
生まれた場所が違えば、性格・体質・考え方は変わります。
同じ時間・同じ場所(病院など)で生まれたとしても、家族が変われば、生きている環境は別世界です。
家族構成・夫婦関係・地域付き合い・仕事・話し方・食事のとり方・ペットなど、生活に関わるものすべてが本人を作っている要素のため、マニュアル的に「この人は~だから」と決められません。
じっくりとクライエントさんのお話を聞き、現状を把握したうえで適切な対応を行っております。

お医者さんの薬を飲めば、解決すると思うんだけど。


精神科・心療内科の方がいます。うつ病、統合失調症、不安障害、睡眠障害、対人恐怖、HSP、不登校などの心・精神に関わる問題を、脳科学を駆使して治療してくれます。治療薬は、セロトニン、ドーパミン、メラトニンなどの脳内ホルモンを調整し、平常時の状態や気分を落ち着かせた状態だったり、元気を出させたり、治療薬によって様々な効果があります。皆が病院へ向かうわけではなく、薬が体に合わない方や病院を嫌がる方、自力で心の問題を克服したい方などは、私達心理カウンセラーのもとへ相談に来られます。心理カウンセラーは医師免許ではないため、薬の処方や治療行為はできませんが、神経伝達物質異常の原因、『対人関係』の改善をサポートしております。

こんな方が心理カウンセリングに来ています


・うつ状態
・ひきこもり
・いじめ
・HSP
・注意散漫
・自閉気味
・睡眠障害
・人間不信
・強迫性の癖
・自傷癖
・自殺未遂
・学業不振
・就職
・恋愛
・会社の人間関係
・家族関係
・依存で苦しんでる(ゲーム・アルコール・買い物・ギャンブル)
・その他

心理カウンセリングを受ける期間は?

人によって異なります。一度で良くなることは少なく、人によって数回の人もいれば、1年以上かかる方もいます。
それには理由があります。
心の成長や過去の生活習慣や言動・思考を切り替えるには、日々の訓練が必要になります。
赤ちゃんがハイハイやタッチを徐々に覚えていくことと一緒です。
心の改善には時間が掛かりますので、心理カウンセリングへ興味のある場合は、ゆっくりお考えになってから、お越しください。